TAMI
ご覧いただきありがとうございます。 「TAMITEKU」運営者のTAMI(@tamiteku)です!

<質問は最後まで聞き取る> 相手の目をよく見てうなづく


急いで答えない
さて、あなたは「何か質問はありませんか?」と聞き手に質問を促しました。すると聞き手が「ちょっと、いいですか・・・」と手をあげて質問をしてきます。このとき、すぐに答えようと手元の資料を見たり、答えを考え始めたりしてはいけません。なぜなら、質問を十分に聞き取らないで答えようとしてしまうことがあるからです。

これでは、せっかく質問してくれた聞き手にとって失礼になります。

最後まで聞き取る
質問は最後の言葉まで聞いてみないと、本当は何を尋ねたいのかがわかりません。質問を促されたからと、考えがきちんとまとまらない状態で質問してくる聞き手もいます。「つまらない質問ですが・・・」などと前置きをして尋ねてくる人も少なくありませんがそういうときでも、油断していてはいけません。予定が押している以外で時間を急く理由はないので、じっくりと答えてください。

相手の目を見て真剣に聞く
聞き手が質問を始めたら、目を合わせて真剣に聞きましょう。そして聞いている間はほかのことをしてはいけません。うんうんと頷きながらパソコンの作業などしてはいけません。それに気をとられて大事な点を聞き逃す可能性がありますし、何よりも聞き手に対して失礼になります。
あわてずに最後まで聞ききってから、ゆっくりと質問に答えるようにしましょう。

<相手の質問を繰り返す> 理解しているサインを出す


答えに困る
「何かご質問はありませんか?」と促すと「ちょっといいですか?」と質問されました。ところがその質問が非常に答えるのが難しい問題だったとしたらどうでしょうか?全体に関わるような問いなら、プレゼンが終了した後に答えるということでもよいでしょう。

しかし、そういう性質の問題でなくても即答が難しい問いはあります。「今回の提案で、あなたは何を目的としているのですか?建前でなく本音でお答えください」等、少し意地悪な質問が出てくる可能性もあります。「質問はありませんか?」と問いかけたことで「どんなことを聞いてもよいのだ」という判断を聞き手に与えたことを忘れてはいけません。

あなたの話を聞いていますよ
「どんなことを聞いても(話しても)よいのだ」という判断を聞き手に与えたあなたは答えに詰まることがあるかもしれません。しかし、質問の内容についてそのまま答えなくても聞き手を満足させることができます。それは、聞き手からの「質問」を繰り返して話すということです。
先ほどの例の場合、「ありがとうございます。今回の提案の真の目的があるとすればそれは何か教えて欲しい、ということをお聞きになりたいのですね?」という具合にまず答えましょう。

このとき聞き手の言葉どおりにおうむ返しに答えないようにしてください。
聞き手の言葉を要約して自分の言葉に置き換えて答えるようにしましょう。

それでは、聞き手の問いに答えていないのではないか?と思うかもしれません。しかしこれも立派な回答です。そもそも質問とは相手から何らかの答えをもらえることを期待して発せられるものです。

そして一番避けるべきことは、質問したこと自体に反応を示さないことです。はじめに「あなたの話を聞いていますよ」ということを態度で示すことが重要です。「ああ、この人はわかってくれているな」と聞き手にまず安心を与えましょう。そこから、じっくりと内容を吟味して質問に答える準備をしていけばよいのです。


 



googleアドセンスのパフォーマンスを最大限に生かすために
エックスサーバへの移転を推奨すべき理由を7つ記載します。

1.表示速度が圧倒的に速い

ユーザーから見ても表示速度は速い方が良いです。
サクサク表示されて、次をどんどん読めた方が良いに決まっています。

SEO的にも、ユーザー的にも速くて困ることはありません。
速ければ速い程メリットを得られて良いです。

 
2.データの容量が多い
私が契約しているプランは「X10」です。
(X10の容量は200GB。十分すぎる容量です。)

 
3.MySQLが最大50個まで使える。(X10の場合)

1つのサーバー契約で50個のWordpressブログを所有することが出来る。
それほどのサイトを運営する方は稀ですが、
それだけのパフォーマンスがあるサーバだということ。

 
4.基本的な機能は全て実装してある

Wordpressに関しては「自動インストール機能」もあります。
Wordpressの設置で悩むことはまずありません。

以下の基本機能も完備しています。

URLアドレス…独自ドメイン
マルチドメイン:無制限
サブドメイン:無制限
バックアップ:あり
簡単サーバー移転機能:あり
転送量課金:なし
オリジナルCGI:あり

 
5.圧倒的な安定性

これまでただの一度もサーバーが落ちたことがありません。
アクセス数が数十万になっても耐えられます。
99.99%のサーバー稼働率というのも頷けます。

 
6.一人の高負荷ユーザーが他のユーザーに迷惑をかけることのないよう
「簡単サーバー移転機能」がついている

エックスサーバ内のアップデートがとても簡単。
アクセス数が増えて、他のサーバに移転する手間がなくなる。

 
7.最大14日前まで遡ってデータをバックアップしてくれる!

貴重な情報を失うことがないバックアップシステムを完備している。

 
数あるサーバーの中でも、やはり私はエックスサーバーの利用がベストでは無いかと思います。

この記事はエックスサーバーを使いながら気づいた点を今後も随時更新していく予定ですので、是非これからもご期待ください。

長文を最後までお読み頂きありがとうございました!

 
TAMITEKUが強くオススメするエックスサーバーはこちらから。
今なら「サーバー無料お試し10日間」が付いてきます!

WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール! マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】



ブロガー向き テーマ 「STORK(ストーク)」

当ブログも使用している、おすすめの
WordPressテーマが「STORK」です。

新作!究極のモバイルファースト
スマホでの見やすさ、操作しやすさに
とことんこだわりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

rttamiteku

rttamiteku

歴史の偉人達の名言から学び、ライフワークに活かすタミテクブログ。 マルチワークによる家庭環境の安定を目指す。ダブルワーク、株式投資、投資信託、IPO、株主優待、アフィリエイトなどのノウハウを公開していきます。 ITコンサルティング会社勤務。2児の父。