あなたは誰のためにプレゼンするのか


TAMI
ご覧いただきありがとうございます。 「TAMITEKU」運営者のTAMI(@tamiteku)です!

<コミュニケーションとの関係> 相手の立場で考える


プレゼンテーションを成功させるのに「冷静に表現し、熱い気持ちで伝える」という心構えが必要である、と申し上げました。
このことをもう少し深く考えてみましょう。
「冷静に表現する」「熱い気持ちで伝える」。
これは相手に共感してもらい、こちらの望む方向に進んでもらうために必要だからです。

そのためには、まず相手のことをよく知るということが必要です。

冒頭でプレゼンテーションとはプレゼントという言葉をふくんでいると説明しました。
大切な人に何かプレゼントする場合、皆さんはまず何を第一に考えますでしょうか?

そのとき、自分の気に入ったものを贈るでしょうか?
相手が喜びそうだと思うものを考えて選び、それを贈っているのではありませんか?

例えば、相手が甘いものが苦手なのにケーキを贈るということはあまりしないのではありませんか?
これを贈ったらきっと喜んでくれる、自分の気持ちをわかってくれる、そう期待していることでしょう。

実は、これはプレゼンテーションにもまったく同じことが当てはまるのです。
何かをプレゼンしようとする場合、どういったら聞き手に理解し共感してもらえるかをあなたは最大限に考えます。

・ そもそも相手はどんな人なのか?
・ どんなことに関心があるのか?
・ 現在の問題意識はどのあたりにあるか?
・ プレゼンの際にどんなことを聞いてきそうか?等など。

時間の許す限り、徹底的にリサーチして本番に臨むことになるでしょう。
プレゼンテーションで冷静に表現するのに必要な作業です。
「多分、大丈夫だろう」という予断を持って、軽率に判断してはいけません。
そのためにも、相手の立場に立って考えるという姿勢は重要になってくるのです。
そして、熱い気持ちで考え抜いたことを聞き手に伝えましょう。
次の Lesson では、ビジネスとプレゼンテーションとの関係について考えていきます。


<営業力・技術・経営の三大テーマ>ビジネスとプレゼンを考える


前の Lesson で私たちはプレゼンテーションに、日常生活で頻繁に接していると説明しましたが、やはりもっとも多く接しているのはビジネスの場面においてでしょう。
まず、会社の経営という大きな視点から眺めていきます。

会社の経営者にとって自社での課題というのは大別すると次の3つといわれています。
すなわち「経営基盤の強化」「営業力強化」「技術力強化」という三大テーマがほぼすべての企業に当てはまるといってよいでしょう。
(企業によっては「技術力強化」が「サービス力強化」等に代わる場合があります)

これら三大テーマを太い幹として、枝葉の企業活動ではさまざまな課題にさらされています。
たとえば、グローバル化 、情報化、ソフト化など。さまざまな変化が押し寄せてきますが、そのなかで変化対応と競争に勝ち抜く努力をしなければなりません。
このような変化には、大きな2つの特徴があります。

1.膨大な情報が各企業に寄せられているということ。
2.それら情報をもとにして短時間での意思決定がなされるということ。

しかもその意思決定は迅速に行われ、かつ正確なものでなければなりません。
情報量の増大と内容の複雑化が進んでいる現代において、難しい事柄をわかりやすく説明することのできるプレゼンテーションがますます求められているといってよいでしょう。

例えば社内での企画を提案するスタッフにとっては、自らの企画を社内の各部門や経営層などに的確に要領よく伝え、説得する能力が求められます。
もちろん、営業現場においても、担当顧客との関係をより強固にするためにさまざまな機会を通じてプレゼンテーションが行われていることでしょう。
社内外を問わず、プレゼンテーション能力を問われる機会が増えているのです。

また、マネージャーなどの管理職の場合、自分だけができればよいということにはならず、メンバーそれぞれが場面に応じて的確なプレゼンができるように指導する必要もあります。
プレゼンテーションは一部の人間だけが習得しておけばよい能力ではなく、すべてのビジネスパーソンに必須の能力であるといえます。


 



googleアドセンスのパフォーマンスを最大限に生かすために
エックスサーバへの移転を推奨すべき理由を7つ記載します。

1.表示速度が圧倒的に速い

ユーザーから見ても表示速度は速い方が良いです。
サクサク表示されて、次をどんどん読めた方が良いに決まっています。

SEO的にも、ユーザー的にも速くて困ることはありません。
速ければ速い程メリットを得られて良いです。

 
2.データの容量が多い
私が契約しているプランは「X10」です。
(X10の容量は200GB。十分すぎる容量です。)

 
3.MySQLが最大50個まで使える。(X10の場合)

1つのサーバー契約で50個のWordpressブログを所有することが出来る。
それほどのサイトを運営する方は稀ですが、
それだけのパフォーマンスがあるサーバだということ。

 
4.基本的な機能は全て実装してある

Wordpressに関しては「自動インストール機能」もあります。
Wordpressの設置で悩むことはまずありません。

以下の基本機能も完備しています。

URLアドレス…独自ドメイン
マルチドメイン:無制限
サブドメイン:無制限
バックアップ:あり
簡単サーバー移転機能:あり
転送量課金:なし
オリジナルCGI:あり

 
5.圧倒的な安定性

これまでただの一度もサーバーが落ちたことがありません。
アクセス数が数十万になっても耐えられます。
99.99%のサーバー稼働率というのも頷けます。

 
6.一人の高負荷ユーザーが他のユーザーに迷惑をかけることのないよう
「簡単サーバー移転機能」がついている

エックスサーバ内のアップデートがとても簡単。
アクセス数が増えて、他のサーバに移転する手間がなくなる。

 
7.最大14日前まで遡ってデータをバックアップしてくれる!

貴重な情報を失うことがないバックアップシステムを完備している。

 
数あるサーバーの中でも、やはり私はエックスサーバーの利用がベストでは無いかと思います。

この記事はエックスサーバーを使いながら気づいた点を今後も随時更新していく予定ですので、是非これからもご期待ください。

長文を最後までお読み頂きありがとうございました!

 
TAMITEKUが強くオススメするエックスサーバーはこちらから。
今なら「サーバー無料お試し10日間」が付いてきます!

WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール! マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】



ブロガー向き テーマ 「STORK(ストーク)」

当ブログも使用している、おすすめの
WordPressテーマが「STORK」です。

新作!究極のモバイルファースト
スマホでの見やすさ、操作しやすさに
とことんこだわりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

rttamiteku

rttamiteku

歴史の偉人達の名言から学び、ライフワークに活かすタミテクブログ。 マルチワークによる家庭環境の安定を目指す。ダブルワーク、株式投資、投資信託、IPO、株主優待、アフィリエイトなどのノウハウを公開していきます。 ITコンサルティング会社勤務。2児の父。