プレゼンテーションとは「贈ること」である


TAMI
ご覧いただきありがとうございます。 「TAMITEKU」運営者のTAMI(@tamiteku)です!

今回からITコンサルタントとして活動している私のノウハウをLesson形式でご紹介します。
まずは、「プレゼンテーション」のスキルについて熱く語って参ります。


<贈り手と受け手>

「プレゼンテーション」。私たちが日頃からよく接している言葉です。
では、ためしにこの言葉を辞書で引いてみましょう。

「提示」の意であり「広告代理店が新規獲得・更新に際し、
広告依頼主に対して広告計画案を示すこと」と書いてあります。(三省堂大辞林より)

『え?そんな意味だったのか?・・・』と感じませんか?

もはや、このような意味だけではないことは、皆さんもよくお感じのことでしょう。
プレゼンテーションはいまや、ビジネスのあらゆる場面で幅広く実行されています。
辞書に書かれている以上の意味の広がりを持った言葉になってきています。

さらにこの言葉の意味を考えてみましょう。英語で書くと Presentation となります。
Present(プレゼント)という単語が文字列にふくまれています。

プレゼントとは「贈り物」(をおくる)ということです。
つまり、贈る自分以外に、プレゼントを受け取る相手がいます。
そして、その贈り物は相手に確実に受け取られなければなりません。
このとき贈るものは、一体何でしょうか?

それは、「価値」です。贈ったもの(贈られたもの)が持っている「価値」です。
その価値は、贈り手と受け手が共有できるものでなければなりません。
その価値が共有できているかどうかは、次のことを考えてみるとわかります。

・ きちんと贈れたのか。
・ 受け取ってくれたか。
・ どんなふうに捉えてもらったか。
・ 正しく理解していただけたのか。
・ こちらの独りよがりになっていないか。
・ 相手に誤解されていないかどうか・・・等など

プレゼンテーションはあらゆるビジネスパーソンに必要とされている能力です。
単なる「説明」や「説得」ではなく、まして「単なる売り込みの手段」でもありません。
それは「価値の提供」であり、また「理解と協調で周囲を巻き込み仕事を進める能力」であると言い換えることができます。
次からさらにくわしくプレゼンテーションを考えていきます。


<伝達と表現>

プレゼンテーションには2つの要素がふくまれています。それは「伝達」と「表現」というものです。
一見似たような意味を持ちますが、行為としてはまったく別のものに両者は分かれます。

簡単に言えば伝達=伝えること、表現=表す、ということになります。

「伝える」とは何でしょうか?
それは、話すこと、説明すること、聞くこと(主に口頭と動作にて行います)です。

「表す」とは何でしょうか?
それは、伝えたいものを聞き手に見せること、目に見えるように作ること(主に文字や音、映像にて行います)を意味します。

「伝える」「表す」。どちらか1つが欠けてもプレゼンテーションは成立しません。

具体的に考えてみましょう。
購入してもいない誕生日プレゼントを、それがどれだけ価値があって素晴らしいものであるかを、贈る相手に口頭と身振りだけで理解してもらうことは可能でしょうか?

できるとしてもそれには大変な時間がかかることになるでしょう。
伝達だけでは、難しいのです。

では逆に、十分に聞き手に理解できる資料を作って見てもらったらどうでしょうか?
その場合、こちらが伝えようとしていることを理解はしてくれるでしょう。
しかし、説明の仕方に熱意がなくておざなりであれば、聞き手は即座に関心を失います。
表現しただけでも、いけないのです。

このように、プレゼンテーションには伝達と表現という2つの要素があり、それらを使って聞き手の理解を促します。
しかもただ理解を促すだけではなく、「共感」してもらわなくてはなりません。
「共感」とは、こちらの望む方向に相手に進んでもらうということです。

例えば、自社の製品を購入してもらう、新しいサービスを使ってもらう等、私たちは日常で、プレゼンテーションを無意識に駆使して共感を獲得しています。
では、この2つの要素を上手に活用するにはどうしたらいいのでしょうか?

それは

「冷静に表現し、熱い気持ちで伝える」

ということです。
次の Lesson では、受け取る側の立場からこのことを考えてみます。


 



googleアドセンスのパフォーマンスを最大限に生かすために
エックスサーバへの移転を推奨すべき理由を7つ記載します。

1.表示速度が圧倒的に速い

ユーザーから見ても表示速度は速い方が良いです。
サクサク表示されて、次をどんどん読めた方が良いに決まっています。

SEO的にも、ユーザー的にも速くて困ることはありません。
速ければ速い程メリットを得られて良いです。

 
2.データの容量が多い
私が契約しているプランは「X10」です。
(X10の容量は200GB。十分すぎる容量です。)

 
3.MySQLが最大50個まで使える。(X10の場合)

1つのサーバー契約で50個のWordpressブログを所有することが出来る。
それほどのサイトを運営する方は稀ですが、
それだけのパフォーマンスがあるサーバだということ。

 
4.基本的な機能は全て実装してある

Wordpressに関しては「自動インストール機能」もあります。
Wordpressの設置で悩むことはまずありません。

以下の基本機能も完備しています。

URLアドレス…独自ドメイン
マルチドメイン:無制限
サブドメイン:無制限
バックアップ:あり
簡単サーバー移転機能:あり
転送量課金:なし
オリジナルCGI:あり

 
5.圧倒的な安定性

これまでただの一度もサーバーが落ちたことがありません。
アクセス数が数十万になっても耐えられます。
99.99%のサーバー稼働率というのも頷けます。

 
6.一人の高負荷ユーザーが他のユーザーに迷惑をかけることのないよう
「簡単サーバー移転機能」がついている

エックスサーバ内のアップデートがとても簡単。
アクセス数が増えて、他のサーバに移転する手間がなくなる。

 
7.最大14日前まで遡ってデータをバックアップしてくれる!

貴重な情報を失うことがないバックアップシステムを完備している。

 
数あるサーバーの中でも、やはり私はエックスサーバーの利用がベストでは無いかと思います。

この記事はエックスサーバーを使いながら気づいた点を今後も随時更新していく予定ですので、是非これからもご期待ください。

長文を最後までお読み頂きありがとうございました!

 
TAMITEKUが強くオススメするエックスサーバーはこちらから。
今なら「サーバー無料お試し10日間」が付いてきます!

WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール! マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】



ブロガー向き テーマ 「STORK(ストーク)」

当ブログも使用している、おすすめの
WordPressテーマが「STORK」です。

新作!究極のモバイルファースト
スマホでの見やすさ、操作しやすさに
とことんこだわりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

rttamiteku

rttamiteku

歴史の偉人達の名言から学び、ライフワークに活かすタミテクブログ。 マルチワークによる家庭環境の安定を目指す。ダブルワーク、株式投資、投資信託、IPO、株主優待、アフィリエイトなどのノウハウを公開していきます。 ITコンサルティング会社勤務。2児の父。