【情報商材レビュー】「FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極」が利益を出し続けられる理由

【情報商材レビュー】「FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極」が利益を出し続けられる理由

 

岡安盛男氏とは?

あの岡安盛男がFX商材の講師として登場しました!

少し前にそんなメールを販売会社さんより頂いて非常にワクワクしておりました。
こんなにも販売前の商材について心が躍ったのは初めてです。

・・・と言うのも、私は岡安氏の著書が好きでして、他のトレーダーさんや、
かつて私がやっていたFX塾の生徒さんにお勧めするほどお気に入りだったからです。

岡安氏の著書はFX初心者向けの内容が多いのですが、その他大勢の「FXで楽して儲けちゃおう!」的な本とは違って、読者に夢を抱かせる内容ばかりではなく、トレードの厳しさや辛さ、難しさについてまで真面目に書かれているのが特徴だと思います。

そんな岡安氏が講師を務める「岡安盛男のFX極」を即購入しましたのでレビューしていきたいと思います。

 

岡安氏は銀行のディーラーとして以下の銀行を渡り歩き、現在は個人トレーダー、講師、FX関連書の執筆を行われています。

この人物にはきちんとした経歴があり、

・アムロ銀行(現ABNアムロ銀行)に入行してから
・カナダ五大銀行のRBC(カナダロイヤル銀行)
・オーストラリアの四大市中銀行である、ウエストパック銀行
・フランスNo.1のメガバンク、インドスエズ銀行(現カリヨン銀行)

といった形で世界中を渡り歩きFXを研究し続けてきたようです。

凄いキャリアだと思います。
最近は「元ファンドマネージャー、元機関投資家」の肩書を持つ人が商材は出すことは多くなっていますが、名の通った銀行の元ディーラーが商材を出すのはまだ珍しいですね。

YouTubeに岡安氏のセミナー動画があったのですが、ファンダメンタルズに基づく相場の値動きをトレーダー目線で説明されております。これは長年相場を見ていないと話せない内容なので、キャリアと共に間違いなく信頼できる人物です。

そんな彼が、「初心者でもスマホ1台で可能な事前予約型デイトレード」の手法を公開するようです。

さて、冒頭でも少し書きましたが岡安氏は参考になるFX書籍を複数出しておられます。
その中で私は下の2冊をオススメしています。

特に「稼ぐFX」の方は、本商材ではあまり触れていない「ファンダメンタルズ」について多くの事を学べるはずです。

また、岡安氏のセミナー動画もありましたのでご覧ください。

ホワイトボードとパワーポイントを上手に使い分けて解説されていて分かりやすいですね。

「岡安盛男のFX極」とは

これから「岡安盛男のFX極」のレビューに入っていきます。

商材の中身は初心者~中級者向け内容となります。

「岡安盛男のFX極」を購入すると、下のようなメンバーサイトにログインできるようになります。

このサイト内で解説動画を視聴したり、必要な資料をダウンロードしていく形です。

商材の内容

  • 第1章: はじめに/FXとは?
  • 第2章: FXの仕組み
  • 第3章: FXで儲けるための奥義
  • 第4章: テクニカルとファンダメンタルズ
  • 第5章: ローソク足の徹底解説
  • 第6章: 高値安値/トレンド
  • 第7章: 保ち合い/もみ合い
  • 第8章: 相場の天井と底
  • 第9章: トレードの注意点
  • 応用編: 注文方法/岡安式トレードの詳細

といった項目に沿った内容が、会員サイトにて解説されています。

動画は合計4時間23分、PDF教材は76ページに及ぶものです。

購入特典について

180日間、回数無制限のメールサポートが付いています。

これは期間がとても長く、かなり良心的だと思います。

内容としましては「基礎編」で初心者向けの内容を、「応用編」でトレードルールを学んでいきます。基礎編はこの手の商材によくある「FXとは?」から始まるものですが、岡安氏の独自の見解だったり、ディーラー時代の話などもあるので、トレード経験者が見ても勉強になる点は多いはずです。

また、応用編では取引方法の解説からリアルトレード動画が収録してあります。
リアルトレード動画では相場の読み方から考え方まで分かりやすく解説してあります。出来れば動画と同じ日付のチャートを表示させながら動画を見ると多くの事が学べると思います。

また、トレード動画で好感が持てるのは、「損切りになったトレードもしっかりと収録してある」と言う点ですね。勝ちトレードばかりを収録している商材が多い中で、これは珍しいかと思います。

教材の値段は3万2300円と値が張りますが、24回分割払いが用意されており、購入しやすいです。(月々1346円)。

個人的にはそこらの素性がわからない人が書いているFX商材よりはよっぽど信頼性はあると思います。

岡安盛男のFX極で解説される手法とは?

「岡安盛男のFX極」で解説されるトレード手法の特徴は、「東京時間開始前にIFD-OCO注文を入れて、あとは決済を待つだけ」という点にあるかと思います。

朝方にチャート分析をして注文を入れるだけなので、チャートに張り付く必要はありませんし、スマホ1台でも無理ではありません。(でも、できればパソコンで分析したいところです)

デイトレやスキャルで1日に何回もトレードしたいと考える人には向かないかもしれませんが、早い動きについていくのが大変だと思うシニアの方や、すぐにポジポジ病になってしまう方にとっては、「こんなに楽にトレードできるんだ!」と思えるであろうスタイルです。

出来る限り生活スタイルを変えず、ストレスを減らしながらトレードを続ける方法としては優秀ですね。

具体的にトレード手法を解説

「岡安盛男のFX極」のセールスレターを見ると、誰でも簡単にエントリーポイントが見つかるような表現がされています。しかし、実際に解説動画を見ると、そう甘いものではないことが分かります。

なぜなら、「チャートがこうなったらエントリー」というやり方ではなく、主に日足、1時間足、5分足をくまなく分析して、「どこでエントリー注文を入れて、どこで利食い・損切りの注文を入れるか?」について考えていく完全裁量型の手法だからです。

インジケーターは使用せず、ローソク足に水平線を引きながら「どこにポジションが溜まっているか」など、チャートの背景にいる他の市場参加者の心理を考えながらエントリーとエグジットを探っていきます。

上の画像は、岡安氏のやり方に倣って本日(8月28日)に私が仕掛けたドル円のチャートです。
解説通り、前日のNY終値とサポレジを参考にして注文を入れて含み益になっています。(その後、8月29日の早朝に利食いにヒットしました)

このように、その時の相場をじっくりと吟味しながら臨機応変に注文を入れていきますので、トレードポイントが明確な「トレードロジック」を求める方にはお勧めできる商材ではありません。

しかし、岡安氏のやり方は本当にプロのやり方らしい手法で、解説動画中のチャートの見方や考え方は本当に参考になります。「銀行のディーラーもこういったことを考えながらトレードしてるんだなぁ」と勉強になりました。

トレード動画も沢山ありますので、動画一つ一つをチャートをと照らし合わせながらじっくりと見て勉強し、検証でアウトプットして練習を積み重ねれば、ちゃんと結果の出せるようになる商材だと思います。

こんな人に岡安盛男のFX極をオススメしたい!

完全裁量の商材としてはいい出来だと思います。
しかし、完全裁量であるが故に手法の再現性は決して高くはありません。

ですのでシグナルのような明確なエントリーポイントを求める方には向きませんが、しっかりと検証と実戦を繰り返して「自分の総合的な技術力」を高めたいと思う方には役立つことでしょう。

⇒FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極の販売ページへ

 

 

ブロガー向き テーマ 「STORK(ストーク)」

当ブログも使用している、おすすめの
WordPressテーマが「STORK」です。

新作!究極のモバイルファースト
スマホでの見やすさ、操作しやすさに
とことんこだわりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

rttamiteku

rttamiteku

歴史の偉人達の名言から学び、ライフワークに活かすタミテクブログ。 マルチワークによる家庭環境の安定を目指す。ダブルワーク、株式投資、投資信託、IPO、株主優待、アフィリエイトなどのノウハウを公開していきます。 ITコンサルティング会社勤務。2児の父。