【リーダーシップ解説】あなたのチームの個性を掴み活かす方法とは


TAMI
ご覧いただきありがとうございます。 「TAMITEKU」運営者のTAMI(@tamiteku)です!

第5章 チームの個性をつかむスキル

Lesson1 チームの性格をつかむ


チームの性格は【狩猟型と農耕型】【ゼネラリスト型とスペシャリスト型】

4つのチームの性格

  • 狩猟型のチーム
    スポーツにたとえれば、どんどん点を取りに行く攻撃型のようなイメージです。失敗を恐れず積極果敢に行動します。
    新しいことに挑戦するのが好き、競争によって動機づけられる、結果がはっきり出る仕事を求める、などの傾向がはっきり出ている組織は、狩猟型 のチームといえるでしょう。
    競争環境や事業内容によって、こうした傾向の強弱が分かれることが多いようです。また同じ1つの会社でも部署によって、このような特徴がかなり見られることがあります。

 

  • 農耕型のチーム
    守りを固め、全体の安定感を大切にしながら協調的な行動を取ります。1つのものを練り上げていくことが得意です。
    長い時間をかけて1つの仕事を丁寧にしていく、協力関係を大事にする、すぐに成果が出ないことも地道に続ける、などの傾向が見られる組織は、農耕型 のチームといえるでしょう。狩猟型がそうであるように、こちらも競争環境や事業内容に適応するために形成されたものといえるでしょう。

 

  • 組織は「狩猟」×「農耕」
    どんなチームにも狩猟的な要素と農耕的な要素があります。どちらか一方しかないということは、まず考えられません。
    しかしどちらの比重が高いかでチームの性格に大きなちがいが出てきます。
    またかなりの部分は自然に形成されてきた風土のようなものなので、ビジネス環境が変化して別の要素が求められても変化させられない、という問題が起きてきます。

 

  • ゼネラリスト型のチーム
    さまざまな仕事を幅広くこなしていくことが得意なチームをゼネラリスト 型と呼びます。特定の知識やスキルよりも、対人関係能力や業務全般に関する経験などで勝負をします。
    営業や総務、生産管理や企画といった業務を担当するチームは、基本的にゼネラリスト型に位置づけられます。

 

  • スペシャリスト型のチーム
    簡単に言えば専門家の寄り集まりです。特定分野の知識やスキルをもつ人たちが、それぞれの能力を活かして専門特化した仕事で勝負をします。
    研究開発やシステム構築などの技術者チーム、法務や財務の専門家集団などは、基本的にスペシャリスト 型に位置づけられます。

 

  • 組織は「ゼネラリスト」×「スペシャリスト」
    ゼネラリスト中心の組織にもスペシャリストの要素があり、スペシャリスト中心の組織にもゼネラリストの要素があります。
    しかし組織はおおむね、どちらかの要素が中心になって動いています。
    これも仕事の内容に対応して必然的にそうなっているわけですが、そのかたより過ぎがビジネスの障害になることがあります。

 

  • チームの性格マップ
    チームの性格は、下図のように「狩猟型」「農耕型」の度あいと、「ゼネラリスト型」「スペシャリスト型」の度あいをチェックして、マトリックスの中に当てはめることで整理できます。

あなたのチームの性格を、マップのA~Dに当てはめてみましょう。
あなたの会社全体を1つのチームとすると・・・
あなたの部門を1つのチームとすると・・・

Lesson2 チームの性格ごとの強みと弱み


チームの性格に応じた強み、弱みを把握する

4つのチームの特徴

4つのチームにはどのような特徴があるか、考えてみましょう。

 

上記のチームの性格ごとの特徴を参考にして、あなたのチームに、どのくらい当てはまるかを考えてみてください。

Lesson3 チームの性格に合わせた対処法-狩猟型チーム


狩猟型のゼネラリストチーム、スペシャリストチームへの対処

4つのチームの性格は、通常それぞれの業務内容や市場環境に応じて形成されています。したがってもともとは、適応するために作られた性格という面がかなりあるのです。
しかしビジネスの環境変化が著しい昨今は、もともと環境に合っているはずの性格が障害になることがふえています。
だからといって性格を強引に変えようとすると、かえって摩擦が起きて問題が膨らむことが多いのも事実です。
リーダーはチームの性格に合わせて、どうビジネス環境の変化に対処していくかを考えなければなりません。

狩猟型チームのマネジメント

狩猟型チームでは短期目標に目がゆきやすく、そのぶん中長期的に何を達成すればよいかがわからなくなることがあります。
また各自が数値目標の達成を競う競争的な空気が濃厚です。そのため担当業務によって成績を上げにくいといった不公平感が生じると、チームワークに問題が起こります。

狩猟型チームに発生しやすい問題は
・中長期の目標が不明確になってしまう
・担当職務による不公平感が生まれやすい

狩猟型チームの成長を促すためにリーダーは短期/中長期目標の連動を心掛けるとともに、不公平感が生じない評価制度を作る。

ゼネラリスト/スペシャリストへの対応

狩猟型 の ゼネラリスト 、 スペシャリスト それぞれの能力を発揮してもらい、さらに成長してもらうための上司としての関わり方について説明した文章があります。(  )内に入るものを、次のうちから選びなさい。

狩猟型 の ゼネラリスト は成果を求めて個人プレーに走る傾向があるので、(    )を促すことが大切である。

狩猟型のスペシャリストは自分の専門分野に対する探求心が旺盛なので(    )が大切である。

農耕型のゼネラリストチーム、スペシャリストチームへの対処

農耕型チームのマネジメント

じっくり時間をかけて仕事に取り組む思考・行動が定着している農耕型チームでは、速やかに社会の環境変化に対応するのが苦手な傾向があります。
また緩やかな時間の流れの中で協調して仕事に取り組むことに慣れているので、協力体制を柔軟に取ることは得意な半面、うまくいかなかったときに責任の所在が不明確になることがあります。

農耕型チームに発生しやすい問題は
・変化に対応するのが遅れる
・責任の所在が曖昧になる

農耕型チームの成長を促すためにリーダーは社会に対応すべきという危機感を植え付けるとともに、一人ひとりが明確な仕事の成果を意識して取り組むよう促す。

ゼネラリスト/スペシャリストへの対応

農耕型のゼネラリスト、スペシャリストそれぞれの能力を発揮してもらい、さらに成長してもらうためのマネジメントについて説明した文章があります。

農耕型のゼネラリストは事なかれ主義に陥りやすい傾向があるので (    )が必要だ。

 

Lesson5 チームの能力に合わせた対処法


チームの能力(知識・技能と意欲・自信)の診断、対処

「チームの状況」を診断する

部下一人ひとりを当てはめた状況適応 のフレームを使って、チーム全体が今どんな状況かを診断してみましょう。
もちろん部下ごとに異なる状況があるはずですが、ここではチームとしての平均値を出していきます。

  • 初心者中心のビギナーチーム(やる気満々の指示待ち軍団)
    職務に就いて間がないメンバーが多く、上司の言うことは素直に聞きます。しかし、まだ自分たちで判断して行動するのは難しい状況です。

 

  • 意欲が落ちたチャレンジャーチーム(仕事から逃げ腰な言い訳軍団)
    少し仕事に慣れて現実の壁に突き当たり、やる気がなくなっているメンバーが中心。あるいは、やる気の落ちている人がマイナスエネルギーを周囲に発散して全体が沈滞化しているような状況です。

 

  • 自律に向けて動き始めたステッパーチーム(大きな期待を背負いながら苦戦中)
    ある程度は結果を計算できるところまできたメンバーが多いチーム。それゆえ仕事はできるだけ任せる方向で進めていますが、ときには期待に反する行動も見られ、まだ安定して成果を出すところまでは来ていません。

 

  • 優れた結果を出し続けられるパフォーマーチーム(基本的に任せておけば大丈夫)
    意欲もスキルも高いメンバーが多く、メンバー同士で連携して仕事を進めていくことができます。上司は大きな方針を共有して定期的に進捗を管理していれば、まず大きな問題は起きないレベルに達しています。

4つのチームへの対処法は

個人が直面している4つの状況への対処と基本的な考え方は同じです。前章までのLessonを適宜参照してください。

チーム状況と乖離した個人への接し方

チーム全体の状況とくらべて高いレベルまたは低いレベルにいる部下に、どのように接するかも大切なポイントです。いくつかの事例をあげながら考えてみましょう。

ビギナーチームの中に1人だけいるステッパー状況の部下
あなたが上司だったら、このステッパー状況にどう対処しますか。

チーム全体に対する基本的な接し方といっしょに考えて、次の文章の空欄を埋めてください。

ビギナーチームに対しては細かい指示と管理が大切です。しかしそれを上司が1人で行っていくのは、かなりの負担になることが予想されます。ステッパー状況の部下がいたら、その部下にビギナーを管理してもらうことが有効です。人に教える経験は、何より教える役を担う人自身を成長させるからです。

パフォーマーチームで行き場のないビギナー状況の部下
あなたが上司だったら、このビギナー状況にどう対処しますか。チーム全体に対する基本的な接し方とともに考えてください。

パフォーマーチームに関しては、仕事を任せる。ただしメンバーの能力を最大限に発揮できるよう、いつも高い基準をもっておくべきです。
一方、まわりのレベルが高すぎてついていけない・・・。そんな部下がいたら上司は自分もしくはパフォーマーのだれかを指名して、ビギナー状態の部下をフォローしましょう。
パフォーマー集団は仕事を円滑に進めてくれるので、上司としては部分的な問題に鈍感になってしまうことがあります。こういうときだからこそ次の飛躍に向けて、じっくり時間をかけて育成していくことが大事です。

上記の例のように、「チームの状況に合致した接し方×チームの状況とは異なる特定の部下への接し方」を合わせて検討します。
一見複雑なようですが、状況適応の考え方は基本的に同じです。
状況適応の考え方は個人の育成に的を絞ったものですが、これをチームに応用することでチーム育成の基本方針を定める助けになります。
また同時に、先に成長している部下を活かしながらチームを伸ばしたり、チームから遅れをとっている部下を落ちこぼれにしない手立てを明らかにすることができます。

まとめ


このページでは以下の内容を学びました。

  • チームの性格は【狩猟型と農耕型】【ゼネラリスト型とスペシャリスト型】
    縦軸の上下にアグレッシブに市場を切り拓いていく狩猟型、安定的に仕事に取り組む農耕型を置き、横軸の左右に業務を幅広く担うゼネラリスト型、専門分野に特化したスペシャリスト型を置くことで、チームの性格分類ができます。

 

  • チームの性格ごとにちがう強みと弱みを把握する
    狩猟度の高いチーム、農耕度の高いチームには、その度あいによって対照的な強みと弱みがあります。またゼネラリスト度あい、スペシャリスト度あいをかけ合わせることで、さらにチームの特徴に応じた強み、弱みが見えてきます。

 

  • 狩猟型のゼネラリストチーム、スペシャリストチームへの対処
    短期目標に走りがちで競争心の強さが仇となりやすい狩猟型には、中長期の視点や協調性を高められる施策が重要。

 

  • 農耕型のゼネラリストチーム、スペシャリストチームへの対処
    変化対応のスピードが鈍くなりがちな農耕型には、危機意識を高める工夫や具体的な成果に対する意識づけが重要。

 

  • チームの能力(知識・技能と意欲・自信)の診断、対処
    個人の状況診断をチーム全体の状況診断に応用して、チーム育成の基本方針を明らかにします。チーム全体の状況より上のレベル、下のレベルの部下に対する接し方がチーム全体の成長に大きく関係してきます。

 



googleアドセンスのパフォーマンスを最大限に生かすために
エックスサーバへの移転を推奨すべき理由を7つ記載します。

1.表示速度が圧倒的に速い

ユーザーから見ても表示速度は速い方が良いです。
サクサク表示されて、次をどんどん読めた方が良いに決まっています。

SEO的にも、ユーザー的にも速くて困ることはありません。
速ければ速い程メリットを得られて良いです。

 
2.データの容量が多い
私が契約しているプランは「X10」です。
(X10の容量は200GB。十分すぎる容量です。)

 
3.MySQLが最大50個まで使える。(X10の場合)

1つのサーバー契約で50個のWordpressブログを所有することが出来る。
それほどのサイトを運営する方は稀ですが、
それだけのパフォーマンスがあるサーバだということ。

 
4.基本的な機能は全て実装してある

Wordpressに関しては「自動インストール機能」もあります。
Wordpressの設置で悩むことはまずありません。

以下の基本機能も完備しています。

URLアドレス…独自ドメイン
マルチドメイン:無制限
サブドメイン:無制限
バックアップ:あり
簡単サーバー移転機能:あり
転送量課金:なし
オリジナルCGI:あり

 
5.圧倒的な安定性

これまでただの一度もサーバーが落ちたことがありません。
アクセス数が数十万になっても耐えられます。
99.99%のサーバー稼働率というのも頷けます。

 
6.一人の高負荷ユーザーが他のユーザーに迷惑をかけることのないよう
「簡単サーバー移転機能」がついている

エックスサーバ内のアップデートがとても簡単。
アクセス数が増えて、他のサーバに移転する手間がなくなる。

 
7.最大14日前まで遡ってデータをバックアップしてくれる!

貴重な情報を失うことがないバックアップシステムを完備している。

 
数あるサーバーの中でも、やはり私はエックスサーバーの利用がベストでは無いかと思います。

この記事はエックスサーバーを使いながら気づいた点を今後も随時更新していく予定ですので、是非これからもご期待ください。

長文を最後までお読み頂きありがとうございました!

 
TAMITEKUが強くオススメするエックスサーバーはこちらから。
今なら「サーバー無料お試し10日間」が付いてきます!

WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール! マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】



ブロガー向き テーマ 「STORK(ストーク)」

当ブログも使用している、おすすめの
WordPressテーマが「STORK」です。

新作!究極のモバイルファースト
スマホでの見やすさ、操作しやすさに
とことんこだわりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

rttamiteku

rttamiteku

歴史の偉人達の名言から学び、ライフワークに活かすタミテクブログ。 マルチワークによる家庭環境の安定を目指す。ダブルワーク、株式投資、投資信託、IPO、株主優待、アフィリエイトなどのノウハウを公開していきます。 ITコンサルティング会社勤務。2児の父。