【リーダーシップ解説】あなたは部下を活かすことができているか


TAMI
ご覧いただきありがとうございます。 「TAMITEKU」運営者のTAMI(@tamiteku)です!

第4章 部下に適応するスキル

Lesson1 ビギナー状況での管理と指導


プッシュ型マネジメント(指示的な行動中心)

ビギナー状況にある職務において部下と接する場合は、細かい指示や細かい進捗の管理が重要です。

次のうち、プッシュ型マネジメント において正しい行動かどうか確認していきましょう。

部下の仕事ぶりを週単位でチェックする。

自発的に仕事をする習慣をつけさせるために、目標設定は本人に任せる。

できるかぎり自分や周囲の先輩が模範を見せるようにする。

Lesson2 チャレンジャー状況でのカウンセラー的対応


ハイブリッド型マネジメント (指示と支援を組み合わせる)

チャレンジャー状況にある職務において部下と接する場合は、まだ「知識・技能」レベルも低いので指示をたくさんしたくなります。しかし「意欲・自信」が低下していることをふまえて、「ビギナー」状況とはちがう接し方をしなくてはなりません。

次のうち、ハイブリッド型マネジメント において正しい行動かどうか確認していきましょう。

意欲が低下しているので「がんばれ」と励ましてあげることが大事。

意欲が低下しているので、あれこれとアドバイスするよりもまず心を通い合わせることが肝心。今、何を感じているのか、気軽に話せるように配慮してあげる。

指示をしても受け入れ難い状況なので、基本的に部下の考えを尊重して当面は自分のやり方で仕事をさせる。

Lesson3 ステッパー状況での支援的アプローチ


プル型マネジメント(支援的な行動中心)

ステッパー状況にある部下は、すでにこの職務では自分で考え、行動し、ある程度の結果を出せるようになっています。上司から見れば、あと一歩で安心して任せられる状況です。

次のうち、プル型マネジメント において正しい行動かどうか確認していきましょう。

できるだけ意思決定に参加させ、当事者意識をもたせる。

まだ「意欲・自信」が不安定なので、気持ちがマイナスに向いていることがわかったら積極的に介入して、指示を出す。

大きな目標よりも小さな目標の達成を意識させる。

Lesson4 パフォーマー状況での権限委譲


パワーシフト型マネジメント(部下に権限を与えて委任する)

パフォーマー状況にある職務において部下と接する場合は、業務での判断や日常の意思決定の多くを部下に委ねるのが基本です。

次のうち、パワーシフト型マネジメント において正しい行動かどうか確認していきましょう。

部下の担当業務に関してはすべて一任して、報告だけしてもらえばいい。

日常の細々とした意思決定は部下自身にしてもらうことが望ましい。

できるかぎり自分の仕事も肩代わりしてもらえるよう要請する。

Lesson5 1人の中にある複数の状況


成長を促したいポイントを見極めて接する

仕事は各自がさまざまなスキルを組み合わせて行うものです。したがって大きな括りでは1つの担当職務でも、その中に「十分にできる」部分と「まずまず」の部分、「苦手」な部分などが混ざっているのが通常です。

次のケースを読んでから問題に答えてください。

複数の状況を抽出する

経理を担当する入社1年目のSさんは、上司の指示に沿って書類作成をサポートしている。すでにルーチンの伝票作成業務については1人で任せられるようになった。
監査報告の準備も手伝わせているが、人に説明するような仕事には乗り気ではないせいか知識の習得も進まない。その半面、事務作業をコツコツとこなすことは得意な様子で、とても前向きである。

Q1:Sさんの職務でパフォーマー状況だと推察できるのは、どの部分でしょう。

Q2:Sさんの職務でチャレンジャー状況だと推察できるのは、どの部分でしょう。

Q3:
Q2の状況を改めるために、次のうち上司として最初に取るべき行動はどれでしょう。

開発目標を絞り込む

若手営業マンのTさんは、顧客の評判も良好。まだ営業成績のバラツキは大きいが、1人で客先に出向いて商談をしてくる基本業務については、適宜アドバイスをしてあげれば順調に伸びていきそうだ。
資料作成など細かい仕事は得意ではないが、営業事務のスタッフがサポートしてくれるので大きな障害にはなっていない。ただ書類整理をしないため他のメンバーとの情報共有ができず、本人がいないとわからないことが多い。注意すると本人は改善に前向きだ。

Q1:
営業職という大きな括りで見た場合、Tさんはおおむねどんな状況にあると推察できますか。

Q2:
これから営業マンとして成長するために、現段階で焦点を当てたい開発課題はどこでしょう。またその課題が浮かび上がる部分については、どんな状況にあるといえるでしょう。

Q3:
Q2の状況を改めるために、次のうち上司として最初に取るべき行動はどれでしょう。

まとめ


このページでは以下の内容を学びました。

  • 部下のビギナー状況に対処するには
    何を、どのように指導してあげる必要があるかを見極めて、仕事の基本や目標設定、進捗管理などを細かく手ほどきしていきます。
  • 部下のチャレンジャー状況に対処するには
    どのくらい意欲が落ちているのか、その原因はどこにあるのかを、じっくり聞いてあげることが先決。安心して何でも話し合えるような信頼関係を作りましょう。
  • 部下のステッパー状況に対処するには
    これまでに身につけた知識・技能を活かして、どうすれば大きな成果を出していけるかをいっしょに考え、本人の自発的な取り組みをサポートしていきます。
  • 部下のパフォーマー状況に対処するには
    パフォーマーと該当する職務については基本的に権限を委譲します。より高い目標を描いて次のステージへ向かうことや、周囲のモデルになってもらう支援も大切です。
  • 複数の状況から焦点を絞り込む
    職務を分解すれば1人の中に複数の状況があるのが通常。その中で今、成長を促すべきポイントはどこかを、部下といっしょに考えながら焦点を絞り込みます。

 



googleアドセンスのパフォーマンスを最大限に生かすために
エックスサーバへの移転を推奨すべき理由を7つ記載します。

1.表示速度が圧倒的に速い

ユーザーから見ても表示速度は速い方が良いです。
サクサク表示されて、次をどんどん読めた方が良いに決まっています。

SEO的にも、ユーザー的にも速くて困ることはありません。
速ければ速い程メリットを得られて良いです。

 
2.データの容量が多い
私が契約しているプランは「X10」です。
(X10の容量は200GB。十分すぎる容量です。)

 
3.MySQLが最大50個まで使える。(X10の場合)

1つのサーバー契約で50個のWordpressブログを所有することが出来る。
それほどのサイトを運営する方は稀ですが、
それだけのパフォーマンスがあるサーバだということ。

 
4.基本的な機能は全て実装してある

Wordpressに関しては「自動インストール機能」もあります。
Wordpressの設置で悩むことはまずありません。

以下の基本機能も完備しています。

URLアドレス…独自ドメイン
マルチドメイン:無制限
サブドメイン:無制限
バックアップ:あり
簡単サーバー移転機能:あり
転送量課金:なし
オリジナルCGI:あり

 
5.圧倒的な安定性

これまでただの一度もサーバーが落ちたことがありません。
アクセス数が数十万になっても耐えられます。
99.99%のサーバー稼働率というのも頷けます。

 
6.一人の高負荷ユーザーが他のユーザーに迷惑をかけることのないよう
「簡単サーバー移転機能」がついている

エックスサーバ内のアップデートがとても簡単。
アクセス数が増えて、他のサーバに移転する手間がなくなる。

 
7.最大14日前まで遡ってデータをバックアップしてくれる!

貴重な情報を失うことがないバックアップシステムを完備している。

 
数あるサーバーの中でも、やはり私はエックスサーバーの利用がベストでは無いかと思います。

この記事はエックスサーバーを使いながら気づいた点を今後も随時更新していく予定ですので、是非これからもご期待ください。

長文を最後までお読み頂きありがとうございました!

 
TAMITEKUが強くオススメするエックスサーバーはこちらから。
今なら「サーバー無料お試し10日間」が付いてきます!

WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール! マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】



ブロガー向き テーマ 「STORK(ストーク)」

当ブログも使用している、おすすめの
WordPressテーマが「STORK」です。

新作!究極のモバイルファースト
スマホでの見やすさ、操作しやすさに
とことんこだわりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

rttamiteku

rttamiteku

歴史の偉人達の名言から学び、ライフワークに活かすタミテクブログ。 マルチワークによる家庭環境の安定を目指す。ダブルワーク、株式投資、投資信託、IPO、株主優待、アフィリエイトなどのノウハウを公開していきます。 ITコンサルティング会社勤務。2児の父。